偏食の話

私はかなりの偏食ということを自負しているマン/ウーマンです。嘘です、マンです。「〇〇マンです!」1って書こうとすると、必ずしもマン特有ではなくウーマンもいるということに配慮し、弊人格では文脈によらずマン/ウーマンと表記することが多いです。文脈によらないので「私は〇〇マン/ウーマンです」のような書き方になることが多々ありますが、私はマンです。よろしくお願いします。

さて偏食を自負しているものの、もういい年のオッサンなので最近は苦手なものも食べるようにしています。でもどうしても無理なものがあるんですね。それは漬物系です。漬物が好きな人や漬物関係の仕事をしている人には申し訳ないのですが、漬物は本当に苦手です。もともと野菜が苦手なのですが、漬物は野菜を凝縮したような、野菜感の根源のような感じがして苦手です。

『金色のガッシュベル!』という漫画で、体力と心の力をわずかに回復できる「月の石の欠片」というアイテムがあり、もともと敵サイドが使っていたものを主人公サイドが使うようになったのですが、敵サイドはその月の石の原石の、欠片じゃなくて大きな塊がある場所にいるので無尽蔵の体力・心の力で戦うというスーパーチート的なのがあったと思いますが、あの感覚に似てます。…と思って今ガッシュを調べてみたら作品の正式名称は『金色のガッシュ!!』みたいです。オッサンの記憶力なんてそんなもんです。なのでこの月の石のくだりも違ってるかも。まぁ何が言いたいかというと、月の石の欠片が野菜だとしたら、漬物はその塊みたいな感じだと思います。こんな分かりにくくて伝わりにくい例え方する奴おる?ここにおる。

漬物は苦手なのですが、たくあんは食べられます。個人的にメインのおかずにはなりえませんが、おにぎりに添えてあると、あら嬉しい、とはなります。でもあれは漬物ではなく、たくあんというオブジェクトとして脳が認識しているシロモノです。なので、「これって大根なんだよな…生の大根をポリポリ食べてるんだよな…」と意識したが最後、しばらくたくあんを拒絶してしまいます。あと、たくあんもなんか黄色じゃなくて白っぽいたくあんがあると思うのですが、あれも個人的には黄色いたくあんとは別の料理と思っているので食べられません。白っぽいので大根感が強いからでしょう。この感覚分かる人いませんか?タモリさん、高橋さん、八嶋さん、これってトリビアになりませんか?

昔は福神漬けとかも食べられましたよ。福神漬けって、あのカレーに添えてある赤い漬物ですね。あれも以前は福神漬けという、漬物や野菜とは隔絶されたそういう名前のオブジェクトとして食べることができました。むしろ福神漬けによる「カレーを食べてる感」が大好きで、家でカレーを作ってくれた時もわざわざねだって市販の福神漬けを買ってもらうこともありました。でも、あんなに大好きだった福神漬けもよく見るとレンコンを刻んだやつとか訳の分からん野菜・根菜がわんさか入っていて、野菜で構成されているものと認識したとたん嫌いになってしまいました。それが小3の頃でしょうか。以来、その女の影が私たちの前に現れることはありませんでした…じゃない、以来福神漬けを食べることはありませんでした。

だいたいなんだよ福神漬けって。思い出したら腹立ってきたわ。福神漬けに小さい豆が入ってるじゃないですか。ナタマメっていうんですけど、あれって福神漬け以外で見かけることが皆無なんですけど、なんで我が物顔で福神漬けにだけは入ってるんですかね?気になって夜も8時間しか眠れないです。

そういえば福神漬けも赤い福神漬けと茶色い福神漬けがあると思うんですけど、当時から茶色い福神漬けは苦手でした。たくさんもそうですが、やっぱ色の印象からくる影響が大きいんですかね。

漬物の苦手な点がもう一つあります。漬物って痕跡が残るじゃないですか。いや「残るじゃないですか」って言われても何のこっちゃ訳わからんと思いますが、がんばって説明しますね。こう、ご飯の上にしばらく置いておくと色が移るというか、漬物をどけても「俺ここにおったんやで」感があるじゃないですか。あれがすげー嫌だ。紅ショウガとか、梅干しの漬物とか。漬物本体が苦手だからご飯から除去してるのに、なんで爪後残すんだよ。あれ苦手なんですよね。100歩譲って色が移ってるだけならいいんですけど、味も臭いも残ってますからね。これは確かKAT-TUNの亀梨さんも言っていたと主張しています(記憶違いだったらすいません)。結局漬物の色が残っている部分のご飯は避けて食べたりしてました。天丼に茄子の天ぷらとかがあると、それも色が移ったりするので嫌でした。マーボー茄子や味噌汁などの、トロトロの茄子は最近食べられるようになりましたが、天ぷらとかの茄子は苦手です。

最近はさすがに行儀が悪いのでご飯を避けたりはしてませんが、でもやっぱりなんとなく気持ち悪いしそもそも苦手なので嫌なんですよね。食って、まぁ生命維持に必要な行為ではありますが、それを超越して一種の娯楽みたいなポジションになってるじゃないですか。美味しいごはんを食べるのが趣味ですとか、各地のラーメンを食べるのが好きですとか、そういう一種の楽しみがあるものだと思うんですけど、漬物接触ご飯はただ悲しいです。そんな小さいこと気にしないマン/ウーマンがほとんどだとは思いますが、そういう人もいます。そういう視点で配慮して、漬物とご飯を直接接触させるようなレイアウトは厳に慎むよう、私は主張したいのです。すき家だか吉野家だかはテイクアウトしたら紅ショウガを別の袋にして完全に隔ててくれたと思いますが、ああいうのが理想ですね。お弁当ならポケットを分けるか、せめてバランで隔てるとかしてほしいですね。バランってあの緑のギザギザした、薄いビニールみたいなやつです。RPGの草むらみたいな形の。おじゃる丸のカズマの髪型みたいなやつですね。ちなみに生肉とか生魚の下に敷いてある、スポンジみたいなシートはドラキュラシートとかドラキュラマットっていう名前だそうです。血を吸うから。80へぇ。金の脳(メロンパン入れ)をプレゼント。おめでとうございます。ありがとうございます。


  1. この表現めちゃくちゃふざけてて好きです。初出は森永製菓の「明日は行けたら行くマンです!」だと思います。 

次の記事

【夢日記】団地の夢New!!